写真は楽しいな

造幣局桜の通り抜け2014~桜の種類

造幣局桜の通り抜け2014~桜の種類

造幣局の桜の通り抜けが4月11日から17日まで開催された。昨年は当ブログに掲載の通り、4月16日から22日までであり、少し時期が遅かったが、今年はちょう良かったと思われる。
昨年会場で頂いた造幣局のパンフレットによると、桜の種類は合計130種(品種不明を除く)352本(品種不明の1本を含む)ということであり、昨年掲載56種類に対し、今年は101種類を五十音順で掲載。
説明文に関しては、造幣局のパンフレットから引用。

東錦(あずまにしき) 東京荒川堤にあった大島桜系の里桜
a0111162_22461648.jpg

天の川(あまのがわ) 東京荒川堤にあった里桜で、樹姿がほうき状となり、淡紅色の花が上向けに咲く珍しい品種。昨年の「今年の花」であった。今年は時期的にちょうどよかった
a0111162_22521056.jpg

雨宿(あまやどり) 東京荒川堤にあった桜で、葉かげに垂れて咲く形があたかも葉かげに網をよけているようにみえるのでこの名がある
a0111162_22562460.jpg

綾錦(あやにしき) 北海道松前町の浅利政俊氏が「松前早咲」の実生の中から選出育成した桜
a0111162_22591343.jpg

伊豆最福寺枝垂(いずさいふくじしだれ) 静岡県伊豆市の最福寺にある桜。花は開花すると白色になる
a0111162_2301976.jpg

市原虎の尾(いちはらとらのお) 京都洛北市原にあった桜で、その咲く有様は、虎の尾のよう
a0111162_2315636.jpg

一葉(いちよう) 東京荒川堤にあった里桜で、花芯から一本の葉化した雌しべがでるのでこの名がある
a0111162_2335734.jpg

早晩山(いつかやま) 東京荒川堤にあった里桜
a0111162_2355727.jpg

糸括(いとくくり) 江戸時代から知られている桜
a0111162_2362276.jpg

妹背(いもせ) 花は濃淡になった紅色で、時に一つの花に実が二つ、対になってつくことから、この名が付けられた
a0111162_2373415.jpg

伊予薄墨(いようすずみ) 松山市西法寺に原木のある小輪咲きの優雅な里桜
a0111162_142916.jpg

鬱金(うこん) 古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名がつけられた
a0111162_14325563.jpg

雨情枝垂(うじょうしだれ) 詩人の野口雨情氏の邸内(現在の宇都宮市鶴田市)にあったところから、その名が付けられた
a0111162_1435211.jpg

渦桜(うずざくら) 東京荒川堤に元々あった桜とされている。花名は、しわのある花弁が渦を描くように、ややらせん形に並ぶことによる
a0111162_1437431.jpg

浦和(うらわ) 浦和の桜愛好家が育成した品種
a0111162_14375435.jpg

永源寺(えいげんじ) 滋賀県の永源寺の境内にあった里桜でこの名が付いた。花は香りがやや強く淡紅色から白色に変わり、大輪で下垂する
a0111162_14395279.jpg

大沢桜(おおさわざくら) 京都嵯峨野の大覚寺境内にある大沢池畔にあった優雅な里桜
a0111162_14415932.jpg

大島桜(おおしまざくら) 伊豆七島などに自生する桜で、花は大きく一重の白色で芳香がある。潮風塩害に強い
a0111162_1443534.jpg

大提灯(おおぢょうちん) 球形の大輪の花が提灯のようにぶら下がって咲く
a0111162_14451065.jpg

大手毬(おおてまり) 多数の花が枝の先に密生して咲き、大きい手毬の状態となるところから、この名が付けられた
a0111162_14463391.jpg

by ssnwtnsn | 2014-05-04 20:10 | 花・植物・植物園 | Comments(0)