写真は楽しいな

造幣局桜の通り抜け2014~桜の種類 Vol.5

造幣局桜の通り抜け2014~桜の種類 Vol.5

造幣局の桜の通り抜けが4月11日から17日まで開催された。昨年は当ブログに掲載の通り、4月16日から22日までであり、少し時期が遅かったが、今年はちょう良かったと思われる。
昨年会場で頂いた造幣局のパンフレットによると、桜の種類は合計130種(品種不明を除く)352本(品種不明の1本を含む)ということであり、昨年掲載56種類に対し、今年は101種類を五十音順で掲載。
説明文に関しては、造幣局のパンフレットから引用。

紅提灯(べにぢょうちん) 蕾は濃紅色で咲き始めは紅色となり開花が進むと淡紅色となる
a0111162_17513557.jpg

紅手毬(べにてまり) 小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた
a0111162_1754088.jpg

紅虎の尾(べにとらのお) 古くから京都で栽培されていた桜といわれ、その咲く有様は虎の尾のようで、花は淡紅色である
a0111162_1755029.jpg

紅豊(べにゆたか) 北海道松前町で育成された桜。花は濃厚色で豊かな重弁の桜となったので、この名が付けられた
a0111162_17564883.jpg

法明寺(ほうみょうじ) 京都府美山町の法明寺境内にあった名桜を佐野籐右衛門氏が接木育成し、命名した
a0111162_17585880.jpg

帆立(ほたて) 花は白色で、雄しべの1~2本が花弁化して、帆をたてたうような形をしているところから、この名が付けられた
a0111162_1802229.jpg

牡丹(ぼたん) 大島桜系の里桜で、花はふっくらした牡丹の花を思わすような淡紅色の優雅な大輪
a0111162_1812390.jpg

松前(まつまえ) 北海道松前町の浅利政俊氏が「糸括(いとくくり)」の実生から選抜した美しい里桜
a0111162_1825531.jpg

松前薄紅九重(まつまえうすべにここのえ) 北海道松前町の浅利政俊氏が「ココノエ」と「カスミザクラ」との交配から育成した桜
a0111162_184561.jpg

松前琴糸桜(まつまえこといとざくら) 北海道松前町の浅利政俊氏が昭和34年北海道松前町で毬山家の庭にあった無名の八重桜の種子から作り出した桜(今年の桜に選ばれている)
a0111162_1873151.jpg

松前紅紫(まつまえべにむらさき) 北海道松前町の浅利政俊氏が「江戸」と里桜を交配育成した桜である。花の蕾は濃紅紫色で、開花後に紅紫色となる
a0111162_1810289.jpg

御車返(みくるまがえし) 京都御所にあった里桜の一種。後水尾天皇がこの花の前を通られたところ、花があまりにも美しかったので、再びお車を返して鑑賞されたという故事により、この名が付けられた
a0111162_18132697.jpg

都錦(みやこにしき) 京都御所にあった桜
a0111162_18142245.jpg

八重曙(やえあけぼの) 芳香に富む
a0111162_181594.jpg

八重紅大島(やえべにおおしま) 大島桜系の一品種で、少し香りがある
a0111162_1816175.jpg

八重紅枝垂(やえべにしだれ) 仙台の伊達家にあった桜で、明治初年仙台市長の遠藤氏が植えたため「遠藤桜」とも呼ばれている
a0111162_18163417.jpg

八重紫桜(やえむらさきざくら) 紫桜の重弁の品種。三好学氏が小石川植物園において紫桜の実生を栽培したところ、重弁のものが生じたので、この名が付けられた
a0111162_18185471.jpg

夕暮(ゆうぐれ) 里桜で芳香がある
a0111162_1819477.jpg

楊貴妃(ようきひ) 昔、奈良地方にあった桜で、つぼみは紅色であるが、開花時には淡紅色となり、花色もすぐれ豊満なので、中国の楊貴妃を連想して世人が名づけた
a0111162_18211837.jpg

養老桜(ようろうざくら) 一重八重桜である
a0111162_18221378.jpg

蘭蘭(らんらん) 北海道松前町で、「白蘭」と「雨宿」との交配から選出育成された桜。北海道松前の子供たちが上野動物園のパンダ「蘭蘭」の死を悼んだことと、花が密集して咲き、その付き方がふくよかでパンダの毛並みに似ていることから命名した
a0111162_18243793.jpg

 
by ssnwtnsn | 2014-05-08 20:10 | 花・植物・植物園 | Comments(0)