写真は楽しいな

<   2009年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ディスクドッグ Vol.10

a0111162_20173564.jpg

バレリーナ登場。
この日は春先の寒の戻りでギャラリーは冬の服装、しかもフィールドは小石が見受けられたにも関わらす、御覧の通りに半袖に裸足で演技。
NDAのフリー演技は、さまざまな趣向を凝らした演技が続出でとっても楽しい。
by ssnwtnsn | 2009-03-31 20:21 | ドッグ競技(犬) | Comments(0)

多肉植物

a0111162_2002446.jpg

今年も多肉植物の花がたくさん咲いた。
数年前に葉が数枚付いたひとかけらを貰う機会があって、小さな鉢に植えてみたらみるみる育ち、翌年にはたくさんの花を咲かせ、さらに年々増殖、自らの体を持ち応えられないで鉢からはみ出して地面をのたうちまわっているが、立派に花を咲かせる。
by ssnwtnsn | 2009-03-30 20:06 | 花・植物・植物園 | Comments(0)

ディスクドッグ Vol.9

a0111162_20482075.jpg

ディスクドッグの競技に、こんなに可愛い仔が見学に来ていました。
遠くから見とれていると、こちらまでトコトコと挨拶に寄ってきてくれて嬉しかった。
by ssnwtnsn | 2009-03-29 20:51 | ドッグ競技(犬) | Comments(0)

フリスビー Vol.3

a0111162_22265312.jpg

ウィペットはちらほらと見かけるが、やはり珍しい。
この体つきからも想像できるように、素晴らしい走りをみせる。
by ssnwtnsn | 2009-03-28 22:33 | ドッグ競技(犬) | Comments(0)

フリスビー Vol.2

a0111162_20382910.jpg

コートのスローイングエリアから飼い主が投げるフリスビーを犬が追ってキャッチするディスタンスや、ミュージックとともに両者が演技をするフリーフライトも、一番多い犬種はボーダーコリー。
骨格がしっかりしており、優雅さや俊敏さと共に、並はずれたスタミナがその理由かと思う。
牧羊犬として活発度やしつけやすさは抜群だそうだ。
by ssnwtnsn | 2009-03-27 20:50 | ドッグ競技(犬) | Comments(0)

フリスビー

a0111162_23293465.jpg

JFAのフリーフライトの演技。
今月上旬にディスクドッグをVol.8まで載せたが、そちらはNDA(ナショナル ディスクドッグ アソシエーション)で、同じように愛犬とのコミュニケーションを深める道具としてのディスクだが、フリスビーはワーム・オー社の登録商標で、日本ではJFA(日本フリスビードッグ協会)以外の他社は使えない。
競技のルールや採点方法も多少異なる。だが、飼い主と愛犬との絆はどちらも変わらない。
by ssnwtnsn | 2009-03-26 23:42 | ドッグ競技(犬) | Comments(0)

洞川梅林 Vol.3

a0111162_20281490.jpg

この梅林へ来る途中で通った修法ヶ原(再度公園)の広場では、
うっかりすると雀と見間違うホオジロの群れが地上へ降りて餌を探していた。
その中にちらほらと混じっていたのはアトリかと思う。
by ssnwtnsn | 2009-03-19 20:32 | 風景 | Comments(0)

洞川梅林 Vol.2

a0111162_2073118.jpg

開きかけの蕾は、無垢で可愛い。
ところで、冬場この辺りはジョウビタキの姿が良く見られるが、
今日は見当たらない、既に北国へ移動したのだろうか。
かわりにエナガの群れとメジロが戯れ、
遠くでヤマガラの鳴き声が聞こえる。
by ssnwtnsn | 2009-03-18 20:11 | 風景 | Comments(0)

洞川梅林

a0111162_239411.jpg

六甲山系の再度山の奥、山々に囲まれた小さな梅林。
市街地ではほぼ季節を終えた梅が咲き始める。
by ssnwtnsn | 2009-03-17 23:11 | 風景 | Comments(0)

雑賀崎 Vol.3

a0111162_20301939.jpg

左手前大島と右奥淡路島の間に柔かく雲を染めて日が沈んだ。
大島の左は番所の鼻とも呼ばれる番所(ばんどころ)庭園。
また雑賀崎には豊臣秀吉の紀州征伐までは雑賀衆の雑賀崎城があったとか。
by ssnwtnsn | 2009-03-16 20:37 | 風景 | Comments(0)